カッサ

コースの概要

不妊治療に特化したカッサの施術を学ぶコース

漢方精油入りのオイルを使い、不妊治療に有効な経絡を、天然石、水牛の角、翡翠等でできた刮痧板で擦ることで、気血水の流れを調整し、妊娠・出産に適した身体へ整える手技を学びます。

1日の受講で、次の日から治療、サロンのメニューに取り入れて頂く事ができるように、ご指導いたします。

他のスクールとの大きな違いは、不妊治療に特化した本格的な中医学のカッサによる施術が学べることにあります。
また、カッサの施術は、鍼灸や整体・マッサージ・トリートメントなどのような特別な手技は必要なく、正しく学ぶことで誰でも施術できるようになることが、魅力の一つです。

身につく3つのポイントカッサ 手元

・即戦力になる不妊に特化された専門的な施術
・不妊対策に必要な問診・セルフケアアドバイスの仕方
・身体の箇所、状態に合わせたカッサの選び方、使い方

 

受講対象

鍼灸師(学生可)、整体師、アロマセラピスト、エステシャンなど
(一般的な解剖学の知識を持っている方)

所要時間と主な内容

3時間 13:00~16:00

基礎理論:1時間 解剖・経絡(不妊治療に関する経絡)・不妊体質・問診法など
実技  :2時間

受講料

30,000円(税込)

*前払い制とさせていただきます(お申込み後に個別にご案内いたします)
*学生割引あり(お申込み時に学生証のご提示をお願いします)

当日の持ち物

筆記用具、動きやすい・脱ぎ着しやすい服装
(上履きが必要な方はご持参ください、スリッパのご用意ございます)

その他

・練習用のかっさは、スクールのものをお使いいただきます(販売はしておりません)
・講座は2名様から開講となります
・受講料をお支払後のキャンセルはお受けできかねます。日程を変更して受講可能です。


お申込み・お問い合わせ

下記のフォームに必要事項を記入して送信してください。

お申込みフォーム

お問い合わせフォーム


かっさとは?

🔶カッサ概論
刮痧は(グアシャ・カッサ)と言われます。
現在では、健康維持、美容など世界中で幅広く利用されています。

「刮」には擦る、削る、えぐるなどという意味があります。
ミネラルを多く含む天然石や水牛の角、翡翠(ひすい)等でできたヘラ状の刮痧板を使い皮膚を擦ります。

「痧」とは、体の内部から老廃物や古い血を引き上げる際に皮膚表面に現れる赤点のことを言います。古い血のない部位では「痧」は現れません。

カッサは、個人により、色、反応が出る量が違います。
健康な場合は点のような「痧」が出た後に直ぐに戻りますが、体にトラブルがあると斑点が多く広範囲に「痧痕」が残ります。
また、通常は赤色ですが、赤紫色の時もあり、その時は体に少しトラブルがあると診ます。

🔶カッサの目的と効果
経絡内の滞った老廃物、脂毒(薬や添加物、農薬などに含まれトランス脂肪酸)、水毒(体内の水分の代謝障害)、血毒(血液の障害を起こさせる毒)を排出し、新鮮な血液が増えることにより、新陳代謝、内臓の働きの改善、自律神経やホルモンバランスを調整します。
(例)
・痛み、コリ、冷えを解消
・自律神経の調整により不眠を改善
・ホルモンバランスを整えることで、生理痛、生理不順、不正出血、更年期の不調予防
・身体の陰陽バランスを調整し、体質改善、疲労回復効果
・リンパの流れの改善により、むくみの解消やリフトアップ老廃物を排泄

広告